救急車を呼ぶまでの判断基準

最近では聞かなくなりましたが、一時「救急車をタクシー代わりに使わないでください。」とよく言われていましたよね。

救急車を呼べば、病院も探してくれて無料で病院まで連れて行ってくれる、という理由で、ちょっとした不調でも救急車を呼んだり、運転できる家族がいるのに救急車で病院へ行ったり。

でもそういった人たちがいるせいで、本当に救急車の助けを必要としている急病患者さんの元に、なかなか救急車が手配できない、というトラブルも起こったそうです。

救急車の数が足りず、そちらに向かえる救急車がない、なんてことも。

そのような問題から、救急車を呼ぶ際は本当に必要なのか考えてから呼ぶように、と言われるようになりました。

でも中には、本当に自分は救急車が必要で呼んだのに、「これくらいで救急車呼ばないでくださいよ」と言われた、なんて人もいます。

本人にとっては、痛みで不安だらけで迷ったあげく、救急車を呼んだのに、「これぐらいで」と怒り口調で言われ、ショックだったと言っていました。

この辺りの判断基準は難しいところですが、あまり我慢しすぎて手遅れになるよりは、救急車を呼んで早めに診てもらったほうが安心ですし、手遅れになるよりは良いのではないかと思います。